メーカーで迷っているならパールフランのカラコンが一押し

選ぶポイントと

目元

ファッションアイテムや視力矯正のためにメガネをかけている人は多いですが、メガネによって人の印象は大きく変わってきます。選び方としては、自分の顔の幅よりも大きなメガネを選ぶことは避けていきます。大きいとだらしなく、小さいと顔が大きく見えてしまうため、顔の9割程度の大きさのものを選んでいきます。フレーム上のラインが眉と並行しているものを選ぶのもポイントの一つです。フレームの角度で顔の印象は異なってくるため注意が必要となります。長すぎる縦幅のレンズも鼻の長さと同じ程度のものを選ぶのも選び方のポイントだとされています。また、顔の大きさや長さ、丸さなどに寄っても似合うタイプは異なってきます。選ぶ場合には、それぞれのポイントを押さえてから選んでいくことが大切です。

メガネのタイプは様々なものがあるため、自分の顔の大きさや長さなどによって似合うタイプものを選んでいく必要があります。具体的な選び方としては顔が大きい場合には、寒色で直線的なデザインのフレームのものがよく、小顔の場合には丸みのおびた縦幅のないフレームで膨張色のものがオススメです。面長な場合には、縦幅があり丸みを帯びたものが面長な印象を消すことができ、丸い顔なら直線的でシャープなフレームで寒色のものが顔の丸みを抑える効果があります。フレームの形によっては、きつい印象になったり、気弱な印象になってしまうため選び方には注意が必要です。色によっても雰囲気は大きく変わってきます。顔の大きさや肌の色、メイクなどに合わせて選んでいくことによって自分にあったもフレームを選ぶことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加